MENU

就職先、転職先を探す前に自分の職業適性を知ろう!!

就職先や転職先を探す前に、まずあなたの仕事があなたの性格や能力に合っているのか先に適性を診断するのは決して遅くはありません。

 

 

あなたに適した仕事内容は、果たして体を使う労働型でしょうか?
お客さんを相手に接客するサービス業や販売業でしょうか?
パソコンに向かってデータなどを作成するオフィス型なのでしょうか?

 

 

仕事に同じ就くなら、あなたに合った仕事先を見つけたいでしょうね。
これから就職や転職先に長く従事するにも、楽しく、充実した就労生活を送りたいですね。

 

 

適性診断に心理学を利用した判別方法などがありますが、日常のあなたの傾向から職種を判断します。適性を知った上で、いずれは適職としてあなたの一生を決める職業へと発展することもあります。

 

 

適性診断の根拠として、日常のあなたの傾向から判定する以外に、あなたの恋愛観や恋愛の実際があなたの従事するであろう仕事ととても傾向が似ているという判断方法もあります。あなたの長所や短所、そして適職まで判断します。

 

 

・就職、転職の適性診断は、たとえば、感情的になりやすい傾向のある性格をしているとか、

 

・自分の非を認められず人のせいにする性格なのか、

 

・協調性に欠けるとか、

 

・約束事が実行できない、

 

・接客の相手を不快にさせるとか、

 

・精神不安定、

 

・道徳性欠如、

 

・被害者意識が強い、といった性向があるかどうかなどの判断が可能です。

 

こうしたマイナス要因的な事柄をも判別することが出来ます。

 

 

適性診断は、あなたを採用する側からすれば、あなたが会社にとって能力を発揮してくれる人なのか、社会的常識を踏まえた社会人なのかなどを判別するためであって、あなたに特殊性を求めているわけではありません。

 

 

採用する側が適性診断を実施せずに、適当にあなたを採用したものの、あなたの適性と職業がマッチせず、採用する側も、採用されたあなたも不幸な結果となります。

 

 

そのようなことがないように、あなたの適性を一応知った上で最高の仕事先を見つけてください。