MENU

アルバイトか正社員か?将来の大きな差を知ろう

アルバイトとして働き続けることと、正社員として就職して働き続けることで、この先何年、何十年の将来にわたって、いろいろな面で、どれくらいのが生まれるのか想像してみることは大切です。たとえ今あなたが何歳であろうと、今からあなたが、この先アルバイトか就職かでどれだけの変化があるのか、あなたが将来に対し、あなたなりの希望や計画を持つて仕事のことを考えているからこそ、しっかり現実を理解しておこう。
たとえ、アルバイトと正社員が同じ労働時間を就労しても、月の収入や年収には大きな差が出て、金額以外にも、待遇面補償面では雲泥の差が生まれます。

 

 

【雇用面】

アルバイト 正社員

アルバイトはそもそも雇用期間が定められています。雇う側との話し合いで働く期間を延長出来たりはしますが、基本的なアルバイトというのは、会社の業務上の補欠要員や臨時要員として雇われるものです。
アルバイトの人は正社員の人と同じレベルの仕事をしません。およそは単純な作業の業務になりますので、責任はあまりありませんので待遇面で正社員にはかないません。

正社員は、特に期間が限定されているわけではなく、何年でも働き続けることができ、場合によれば一生働くこともできます。一般的には、各社とも定年制を設けていますので、定年に達するまでは働くことが出来ます。
正社員は仕事に責任を負わされますので、それだけアルバイトに比べて待遇面は優遇されて当然です。仕事の中身や重要性は、アルバイトの仕事よりも高いでしょう。

 

【給料面】

アルバイト 正社員

アルバイトの賃金はだいたい時間給か日給制かどちらかでしょう。要するに働いた分だけの賃金を支給されるので正社員のようにボーナスや諸手当などは普通ありません。
あまり責任を伴う重要な仕事はさせられませんので気楽と言えば気楽ですが給料面は辛抱しなければなりません。

アルバイトに比べて正社員は、月給制でありボーナスや諸手当や昇給があり、さらに有給休暇がありますので、たとえアルバイトと同じ労働時間を働いても給料面ではアルバイトより高い賃金を支給されることになります。
さらに、長年勤続した場合には、途中退職でも定年退職でも退職金が支給されます。

 

【福利厚生】

アルバイト 正社員

アルバイトの雇用で、雇用保険や社会保険に加入は普通ありません。ある一定の条件のもとで雇用保険の加入があります。ただし労災保険の加入はあるでしょう。
正社員に比べアルバイトは社会保険に加入してくれない分、自分で保険を掛けることになります。
国民健康保険、国民年金保険などの掛け金は、正社員の場合、会社が半額負担してくれるのに対し全額自分で払わなければなりません

正社員の場合は、労災保険はもちろん、健康保険や雇用保険年金保険などたくさんの保障保険があります。これらの保険料の半額は会社が負担してくれるので、あとの半額のみを毎月の給料から差し引かれて支払うだけです。その他、住宅手当、育児休暇、夏季休暇や年末年始の休暇があります。さらに、年金保険の受給額も、会社員の厚生年金の受給額は、アルバイトの国民年金よりはるかに多い受給額です。

 

【技術力習得】

アルバイト 正社員
アルバイトの仕事はそんなに技術を必要としないむつかしくない単純な作業の繰り返しのような仕事が多いので専門知識も必要とせず、テクニックが身に就くこともありません。 正社員就職すれば、アルバイトと違って、責任ある業務を任せられます。単純作業ではなくよりむつかしい、高度な仕事へとやっていくことになりますので、そのためのテクニックや専門知識を習得できる教育制度や支援制度があります。

 

以上の比較から考えて、あなたが仕事を考えているのでしたら、正社員就職を目指すことはあなたの将来を豊かにしてくれるのは、断然正社員就職ではありませんか。もちろん、これまでのアルバイト経験よりも正社員就職はそれだけ厳しさがあることはいうまでもありません。無遅刻・無欠勤、あいさつや社会人としての常識が問われますし、技術力の向上がさらに求められます。アルバイト時代と違って、与えられた仕事のみをこなしていけばいいわけではなく、自身のしっかりした意思を明確にしてまい進する心構えが必要です。

 

 

 

※アルバイトを続けていくことと、正社員になって仕事を続けていくことの違い。正社員とアルバイトの違いについてだけでなく、他にも正社員を目指す人にとってとても役に立つ「正社員適性診断」を利用できます。さらに、バイトから正社員へのステップアップについてのお役立ち情報。その他面接時や応募時のアピールポイントを知ることができます。


無料の適性診断で自身を知ろう!

あなたは面接でちゃんと自己PRできていますか?無料適性診断を受けて面接対策しましょう! 転職活動中の人はもちろんですが、無料の適性診断が好評なので転職に向けて情報収集したい方や、 自己分析・面接対策をしたい方の無料登録もできます。 あなたの市場価値を見いだす転職アプリで、無料で使える3つの診断コンテンツがあります。

詳細はこちらのページです。